安心探偵調査リサーチ

全国1,000件以上の探偵事務所を比較

こんなにも種類がある!盗聴器の種類と種類別の盗聴方法

一口に盗聴器といってもさまざまな種類が出回っている。専門の技術を持った人間にしか扱えない物から、知識や経験のない素人でも簡単に盗聴ができてしまう物まで幅広い。利用する機材が違えば盗聴の方法も異なるため、見つけることが難しいというケースも少なくない。では盗聴器にはどのようなものがあるのだろうか?

盗聴器は大きく分けて2種類

盗聴器の種類は、大きく分けて2種類に分けられる。まず一般的にも知られている無線式盗聴器と呼ばれる種類だ。無線式盗聴器とは、盗聴の電波を発信する盗聴器のことを言い、価格も安く、素人でも扱いやすいのが特徴だ。

一方、有線式盗聴器とは、盗聴電波を発信することなく盗聴する方法だ。電波を発信しないため、盗聴器受信機による発見のリスクは少ないが、専用の機材や知識が必要になる。また、明らかに仕掛けに手間がかかることから、現在はあまり使われていない。

コンセント型盗聴器

コンセント型盗聴器
世の中に出回っている盗聴機器の中でも多い部類に入るのがコンセント型だ。これは電気の供給が行われないと作動しないため、コンセントにささっていないと効果を発揮しない。そのため、家に入ることができる人間であれば誰でも簡単に設置は可能だが、コンセントから抜いてしまえば盗聴されることはなくなる。

クリップ型盗聴器

クリップ型盗聴器
これはコンセントの裏側など、目視では確認しにくい位置に設置するタイプの盗聴器だ。コンセント型の盗聴器に比べると設置に時間が掛かり、技術的にも難しい反面、一度設置してしまえば簡単には見つけられないのが特徴といえる。この手のタイプの盗聴器は、賃貸物件の前の住人の時から設置されたままになっているケースもあるため、引っ越しの際にはしっかりチェックしよう。また、素人が無理に外そうとすると回線そのものに影響を与えることもあるので、むやみに手を出さずにまずは警察に相談することが望ましい。

マウス式の盗聴器

マウス式の盗聴器
仕事やプライベートで日常的にパソコンを使用している人は、このマウス型の盗聴器にも気を付けなくてはならない。コンセント型と同様にパソコンに接続することで電源が供給されるタイプで、会社で支給品などを使用している場合は、知らぬ間に交換されるといったこともあるので注意が必要だ。

携帯電話を利用した無線式盗聴

携帯電話を利用した無線式盗聴
これはターゲットの携帯電話のマイク入力端子等に集音マイクを接続し、盗聴をしたい時にその携帯に電話をかけて盗聴をするというものだ。この盗聴が厄介なのは、盗聴している時しか電波が発信されないため、自分で気づくことはもちろん、専門家であっても発見するのは難しいという点だ。しかし、受信機を準備をする必要がないこの方法は、デジタル盗聴器とも言われ、近年主流になりつつある。

録音タイプの盗聴器

録音タイプの盗聴器
盗聴は、電波を利用したものだけではなく、身近なものに潜ませて録音するといった手法もある。比較的オフィスなどに設置されることが多い録音タイプの盗聴器の特徴は、ボールペンや消しゴムといった「日常的に当たり前に利用している物の中に盗聴器をしのばせることができる」という点だ。しかし、この盗聴器は外部からの電源を供給できないという欠点があり、作動させるためには電池を使用しなくてはいけない。そのため、ある程度の時間の経過によって電池切れになれば自然と盗聴の被害もなくなる。しかし、日々当たり前に使用している物に盗聴器が仕掛けられているという認識を持つ人が少ないため、他の盗聴器と同様に発見しにくいので注意が必要だ。

コンクリートマイクによる盗聴

コンクリートマイクによる盗聴
これは隣室での会話を、声が壁に当たる振動によって会話の内容を知るといった方法だ。わかりやすいイメージとしては、耳やコップを壁に付けて会話を盗み聞きするとような感じである。この盗聴に必要となる機材は種類も豊富で値段もピンきりだ。コンクリートマイクによる盗聴は無線や電話のように設置する必要がなく、被害を受けている側はマイクの取り外しといった対処もできないので、疑わしいと感じたら小声で会話をするといった方法で対応するしかない。

レーザー光線の盗聴

レーザー光線の盗聴
これは特殊な盗聴の方法で、目的の部屋に設置されている窓にレーザーを照射して、跳ね返ってきた光によって会話の内容を確認するといったやり方になる。このレーザーの有効範囲はおよそ1kmとされていて、かなりの広範囲からの盗聴が可能なのが特徴だ。しかしこれは専用の機材だけでなく、高度な技術と知識が必要となり素人ではまともに会話を確認することはできない。このため、盗聴の手段として利用されるのは少ないといえる。

専用のアプリを利用した盗聴

専用のアプリを利用した盗聴
以前であれば盗聴の手段というと、専用の機器を用意して設置するのが主流で、一般的に盗聴のイメージを聞かれたら、これらを想像する人も少なくない。しかし携帯電話やデジタル機器の進化によって、専用のアプリを使えば簡単に盗聴を行うことが可能な時代が来ていることを忘れてはいけない。これらの盗聴のやり方は、盗聴したい人間が使用している携帯電話やタブレット端末に、専用のアプリを忍ばせるだけの簡単な物で、自分が狙われているという自覚がないと気が付きにくいのが特徴だ。こういった通信機器は便利な反面、悪用されやすいという危険も備えているので、身に覚えのないアプリがインストールされていないかなど、定期的にチェックをすることが大切といえる。

電話回線を利用した盗聴

無線式と同様に古くから盗聴で利用されるのが電話回線を利用した盗聴だ。ドラマなどで警察が行っているのとは異なり、設置には専門的な技術と知識が必要になるため、比較的プロが行うケースが多い。

見積もり・相談無料!おすすめ探偵事務所

無料でニーズに答えるぴったりの探偵事務所をご紹介するコンシェルジュサービス【街角相談所】

街角探偵相談所

1位:フルスピード

{$val[1]}
おすすめ度: 4.8
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:5,000円/1時間
支払方法:現金払い・分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら

2位:HAL(ハル)探偵社

{$val[1]}
おすすめ度: 4.4
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:6,000円/1時間
支払方法:分割払い・カード払いOK・成果報酬型・後払い可能

【無料】見積もり・相談はこちら

3位:総合探偵社 TS

{$val[1]}
おすすめ度: 4.2
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:16,200円/1時間辺り
支払方法:分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら