安心探偵調査リサーチ

全国1,000件以上の探偵事務所を比較

人探しはどのような方法で行われる?

探偵というと、ドラマや映画などに出てくるハードボイルド調のかっこいい姿を思い浮かべる人もいるだろう。しかし実際の探偵は、もっと地道な稼業だ。そもそも探偵の業務は全て探偵業法という法律に則って進められる。探偵事務所を始めようと思ったら、まずは公安委員会に届け出をして許可を得なければならない。近年日本探偵業協会では資格認定を開始した。探偵というものに社会から厳しい目が向けられはじめ、ますます信用と資質が問われるようになって来ているのだ。探偵に許されている3大業務とも言うべきは張り込み、聞き込み、尾行の3つだ。ドラマなどでよく見る盗撮や盗聴などの行為は、実は違法なのである。少し前までは「データ調査」という方法で人探しを行っている探偵も少なくなかった。しかし違法行為に対する監視の目が厳しくなってきている昨今、まともな探偵であればデータ調査の手法はもう行っていない。

データ調査とは何か

大手携帯会社の元社員が、顧客情報を探偵業者に漏洩したとして、不正競争防止法違反(営業機密侵害)の疑いで逮捕されたのは記憶に新しいであろう。どこの会社にも、このような小遣い欲しさに顧客情報を漏らす不良社員はいるものである。漏洩した顧客情報は、それを欲しがる探偵や詐欺師などに売られることになる。個人情報が蓄積されていくと、何か一つでも個人情報が分かっていれば、芋づる式に多くのことが簡単に分かってしまうのだ。

この手法を使う探偵は、事務所にいながら多くの情報を得ることが出来るため、格安で人探しを請け負う事が出来る。しかし、現在はまともな探偵であれば、このデータ調査は行っていない。万が一、検討中の探偵事務所がデータ調査を行っている場合は、そこに依頼するのはやめた方が良いと言える。

人探しの難易度はケースによって変わる

一口に人探しといっても、探す相手は様々だ。失踪した家族や家出人をはじめ、初恋の人探しや恩師探し、配偶者の浮気相手を突き止めることや、駅ですれ違う憧れの人探しなどなど。ただし探偵業法によって、ストーカー目的の調査は禁止されているため、依頼を受けるか否か判断が難しい場合もある。失踪者や家出人などの場合、いなくなってしまった本人が見つからないように行動しているケースも多いため、その場合の人探しは難易度が上がる。一方恩師や初恋の相手などであれば、隠れて生活しているわけではないので、比較的簡単に見つけられる事が多い。

電話帳は基本中の基本

探偵の中には、平気で「住民票や戸籍を取り寄せることが出来る」と言う人がいる。しかしこれは違法行為であり、もし依頼者が知っていて違法行為に加担したとしたら、依頼者も罰せられる可能性がある。手の込んだ探偵になると弁護士に顧客を装って近づき、ターゲットの情報を得ようとするものもいる。弁護士は戸籍などの情報を職権で開示できるためだ。こういった探偵に頼むのは危険である。近年、電話帳に情報を載せる人は減少傾向にあるが、昔の電話帳にはほとんどの人が電話番号と住所を載せていた。そのため図書館に出向き、過去の電話帳を調べることで人探しの手がかりを得られることがある。特に、探す相手が年配者の場合なら、電話帳を調べることは、探偵にとって押さえておくべき基本である。

聞き込み・張り込み・尾行

探偵業法によって許された調査方法は、電話帳を調べるなどの一般の調査以外では、聞き込み・張り込み・尾行がメインとなると言えるであろう。過去の住所や写真・名前などが分かっている場合は、その地域に実際に出向き、付近の店舗や住民に聞き込みをして、地道に探すことになる。行きつけの店や勤務先が分かっている場合には、会社や店の人に聞き込みをして情報を得たり、張り込みをして本人らしい人間が現れたら尾行をして、住所を突き止め確認作業をすることもある。

インターネットは情報の宝庫

初恋の人や幼馴染、恩師を探すような場合には、過去に住んでいた住所や趣味、よく通っていた場所などのわずかな手がかりがヒントとなる事もある。探偵は聞き込み・張り込み・尾行以外にも、もちろん合法な範囲でインターネットを活用している。インターネットは情報の宝庫であり、もし本人がブログやSNSを行っていれば、探し出すのは格段に容易になってくる。趣味サークルや団体に加入していたり、今も何らかの活躍をして功績を残している場合には、特に居場所を特定しやすくなる。

探偵に依頼する時に注意すべきこと

探偵に依頼する内容によっては、あまり公にしたくないこともあるだろう。探偵にそのような情報を提供するということは、依頼者は探偵に弱みを握られることになる。探偵の中には、こうした弱みに付け込むものが少数ながら存在する。協力者が脅迫者に豹変するのだ。探偵に人探しを依頼するなら、信頼できる事務所を見極める必要がある。法律に則った方法で調査を行っている探偵事務所の料金は、そんなに安くはないかもしれない。例えば尾行ひとつとっても、1人の調査員ではカバーできないケースもしばしばあり、人件費がかかるからだ。違法に取得した個人情報のデータだけを調べる探偵であれば、格安の調査も可能なのだ。探偵に調査を依頼するなら、料金体系が明瞭で納得のいく内容の探偵事務所を利用するべきである。人探しの相談をした時、「出来そうだ」「無理そうだ」ときちんと言ってくれるかどうかも見極め方の1つである。

見積もり・相談無料!おすすめ探偵事務所

無料でニーズに答えるぴったりの探偵事務所をご紹介するコンシェルジュサービス【街角相談所】

街角探偵相談所

1位:フルスピード

{$val[1]}
おすすめ度: 4.8
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:5,000円/1時間
支払方法:現金払い・分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら

2位:HAL(ハル)探偵社

{$val[1]}
おすすめ度: 4.4
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:6,000円/1時間
支払方法:分割払い・カード払いOK・成果報酬型・後払い可能

【無料】見積もり・相談はこちら

3位:総合探偵社 TS

{$val[1]}
おすすめ度: 4.2
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:16,200円/1時間辺り
支払方法:分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら