安心探偵調査リサーチ

全国1,000件以上の探偵事務所を比較

盗撮の危険性と調査料金の相場は?

盗撮の危険性と調査料金の相場は?

相手に気づかれることなく撮影が可能な盗撮カメラ。本来は防犯目的のために用いられるものだが、最近では悪用されてしまうケースも数多くある。部屋に盗撮カメラが仕掛けられていたら…と思うと恐ろしいが、残念ながら、ストーカー目的などの凶悪犯罪で盗撮カメラが仕掛けられていることがある。「もしかして…」と心当たりがある人は、是非盗撮についての知識と、盗撮調査にかかる費用を知っておいた方が良いだろう。

盗撮カメラの種類

盗撮カメラにはあらかじめ設置しておく「設置型」と移動しながら撮影できる「移動型」の2種類に分けられている。設置型は防犯カメラのように天井に固定するものもあれば、観葉植物や家具・インテリアなどに紛れ込ませて使うものもある。最近は置時計や火災報知器、コンセントなどさまざまな小物のように作られている。移動型は持ち運びが簡単になっており、形もライターやペン、テープレコーダー、メガネと種類が豊富だ。日用品に似せて作られているので、撮影されていることに非常に気付きにくいという特徴がある。

盗撮カメラの撮影方法

盗撮カメラはリアルタイムで撮影内容を確認できるタイプと、SDカードやテープに録画するタイプがある。リアルタイムで盗撮するタイプのものは電波を飛ばし、それを別の場所で確認するため「電波タイプ」と呼ばれている。録画タイプは撮影した映像を、後からモニターで確認する形になる。どのタイプの盗撮カメラでも、面倒な配線や手順が無いため、説明書を読めば機械が苦手な人物でも容易に使えてしまう。最近では高画質にクリアな音質、長時間録画が一般的になっており、外部からの電源を使えば24時間ずっと撮影が可能になる盗撮カメラも存在している。

盗撮カメラを使う目的

現在、盗撮カメラはインターネット通販で簡単に入手できるようになったため、盗撮での検挙も減る様子を見せない。金額もそれほど高くないので、購入しやすい。盗撮の目的はさまざまで「ワイセツ目的」「異性の生活を覗き見するストーカー目的」「クレジットカードや銀行の暗証番号を入手する犯罪目的」「空き巣目的」などが挙げられる。目視できないほど超小型のカメラや、カメラとは思えないほど精巧に作られた日用品型カメラなど、素人にはなかなか見分けがつかないカメラが増えてきたため、盗撮が容易になっている。

盗撮カメラが設置されやすい場所

上記でも述べた通り、盗撮カメラは非常に気付きにくい。そのため、どこにでも盗撮カメラを設置することが可能だ。駅やショッピングモール内のトイレ、公衆浴場やプール、本屋やブティックの試着室、ラブホテルなど主に女性が使う場所に設置されやすい。ストーカー目的の場合はプレゼントとして盗撮カメラ付きの品物を贈られたり、合鍵で部屋に侵入されて設置されるケースもある。自力で見つけることは困難なので、業者に依頼するのが近道である。

探偵による盗撮調査

盗撮器は思いもよらない場所に隠されていることがほとんどなので、自分で探し当てることはまず無理といって良いだろう。探偵事務所では盗聴器や盗撮器の発見依頼も請け負っている。盗撮器の場所を特定するだけではなく、誰が設置したのかも調査できる。盗撮や盗聴を仕掛ける人物は、身近な人物から思いもよらない人物までさまざまなケースがある。例えば、「元恋人が部屋に無断で侵入して設置した」「親しくない同僚や知人からプレゼントを貰った」「元の住人が置いていった家具やインテリアをそのまま使用している」など、盗撮被害に遭うきっかけもそれぞれ違う。自分しか知らない情報を誰かが知っている場合、盗撮や盗聴の可能性が高いので早急に対処することが重要である、

盗撮調査の費用

盗撮器の発見に、どのくらいの費用がかかるのかは間取りや住宅タイプ、調査する部屋の数などによって異なる。マンションやアパートのような集合住宅の場合、20㎡(約12~14畳)で3万円前後。戸建ての場合は、50㎡までで4~5万円前後がおおよその相場だ。あくまでもこれは盗撮調査・発見の費用である。盗撮器を発見後、撤去に工事費用が発生する場合は、別途追加料金がかかる。更に追加の費用はかかるが、盗撮カメラを仕掛けた犯人の特定や、背後関係の調査を依頼することも可能だ。その後も定期的な探査を行ってくれる探偵事務所もあるので、費用はかかるが探偵に依頼すれば、長期間に渡って安心して生活できることができるだろう。

また、盗撮器の電波を探すだけであれば、1万円程度から調査可能なプランを用意している事務所もあるので、お試し感覚で調査が可能だ。

どうしても盗撮器発見を自分で行いたい場合

提示された料金が高い、自分で見つけたいと思ったときは探偵事務所から盗撮器を発見する機械をレンタルする方法もある。メンテナンスされた高性能の機械を借りられるので、自分の納得がいくまで調査ができるのだ。探偵に頼む前に自分で試してみたいと思ったら、探偵事務所にレンタルできるかどうかを聞いてみよう。発見器が反応したが、自分では撤去できない場合はあらためて探偵事務所に依頼ができる。レンタル料は機種と日数によるが2日間で6,000~11,000円程度。機種によって拾える周波数が違うのでレンタルする際は注意が必要だ。電波タイプはもちろんのこと、電波を発しない有線タイプの盗撮器も感知するので、発見できる確率は高い。盗撮器のことはほとんど分からない人でも使いやすい仕様になっている。盗撮だけではなく、盗聴にも対応しているタイプもレンタルされているので、徹底的に調べたい人は両方対応している機械を借りよう。

見積もり・相談無料!おすすめ探偵事務所

無料でニーズに答えるぴったりの探偵事務所をご紹介するコンシェルジュサービス【街角相談所】

街角探偵相談所

1位:フルスピード

{$val[1]}
おすすめ度: 4.8
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:5,000円/1時間
支払方法:現金払い・分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら

2位:HAL(ハル)探偵社

{$val[1]}
おすすめ度: 4.4
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:6,000円/1時間
支払方法:分割払い・カード払いOK・成果報酬型・後払い可能

【無料】見積もり・相談はこちら

3位:総合探偵社 TS

{$val[1]}
おすすめ度: 4.2
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:16,200円/1時間辺り
支払方法:分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら