安心探偵調査リサーチ

全国1,000件以上の探偵事務所を比較

なんとか盗撮器を発見したい!盗撮調査の方法とは?

なんとか盗撮器を発見したい!盗撮調査の方法とは?

盗撮というのは極めて悪質な犯罪行為であるにもかかわらず、多くの場合「盗撮されている」という実感がないことがほとんどである。よって盗撮されていることに気づかないことが多い。だが、今や盗撮カメラなどは種類も多く、入手することも難しくはない。いつどこで誰がしているかもわからず、特に女性は自分には関係ないとは言い切れない。もし心当たりがある人は、盗撮器があるかないか調査をし、盗撮器を発見した場合は、できるだけ早く撤去し、被害を防ぐようにした方が良いだろう。

そもそも盗撮調査は警察?探偵?

盗撮調査というと、まず思い浮かぶのは警察ではないだろうか。だが警察の場合、一般的に刑事事件でなければ捜査できないため、事件性がないと動いてくれない場合がある。「盗撮されているかもしれない」という理由だけでは事件性は感じられず、警察が捜査に乗り出すには動機が弱い。早急に対処したい場合は探偵に依頼する方が良いだろう。

盗撮カメラの種類と撮影方法

「盗撮されているかもしれない」と感じたら、多くの人はまず、自分で盗撮器を探そうと試みるだろう。では、盗撮カメラにはどのような種類があるのだろうか?

盗撮カメラには「設置型」と「移動型」の2種類のものがある。設置型は防犯カメラのように天井に固定するものもあれば、観葉植物や家具・インテリアなどに紛れ込ませて使うものもある。最近は置時計や火災報知器、コンセントなどさまざまな小物のように作られている。移動型は、持ち運びに便利な形になっていて、ライターやペン、テープレコーダー、メガネといった道具にカメラが仕込んであり、パッと見カメラとはわからない。

そして、盗撮カメラにはリアルタイムで相手を確認できる「電波タイプ」と、SDカードやテープに録画するタイプがある。電波タイプは、カメラで移しているものを電波で飛ばして、それを別の場所でリアルタイムで見ることができる。録画タイプは撮影した映像をモニターで確認する形になる。最近では高画質にクリアな音質、長時間録画が当たり前になっていて、外部電源を使えば24時間ずっと撮影が可能になる盗撮カメラも存在している。

盗撮調査は自分でもできる?

盗撮調査は、自分で調べることも可能である。盗撮器を探す機器などを持たない素人が一番に思いつく方法は、まずは自分の目で探すという方法だ。どんなに小さくても、盗撮カメラには必ずレンズがついている。最近は盗撮カメラもどんどん小型化されていて、数mm程度の穴があれば、盗撮することが可能となっている。その小さなレンズを探すのだ。

一般的な部屋の中で、盗撮器が設置されやすい場所は、置時計や絵画・ポスターの裏、観葉植物、電子機器内部、コンセントの中などが挙げられる。置時計の中には盗撮器を設置できるスペースがある。今は薄型の盗撮器もあるため、絵画やポスターの裏側は絶好の設置場所と言える。

また、カメラのレンズは間違いなく自分に向けられているため、部屋の中心や、ベッドの上などの自分がよくいる場所から周りをよく見てみよう。知らない機器や見慣れない箱や小物は無いだろうか?部屋の中に仕掛けられている盗撮器は、家具や家電になじんでしまうものが多いため、意識して探さないと案外気付かないものだ。今一度、自分の部屋のものを注意深くチェックしてみよう。

盗撮器発見器による調査

自分の目で探すよりも確実な調査方法として考えられるのが、盗撮器発見器による盗撮調査だ。盗撮器発見器で気になる場所をスキャンすると、盗撮器を発見できるというものだ。盗撮器同様、発見器もインターネット通販で購入することができる。値段が高いものほど、プロ仕様となっていて、盗撮器だけに限らず、盗聴器を探すことができるものもある。

確実に安心を手に入れたいなら、探偵に依頼するのがベスト

自分で盗撮器を発見する方法をいくつか挙げてきた。しかしどうだろう?もし素人の自分が盗撮器を探してみて見つからなかったとしよう。その場合、100%手放しで安心できるだろうか?「プロが探したら、もしかしたら盗撮器が出てくるかもしれない」と多くの人が思うだろう。確実に安心を手に入れるためには、やはりプロの力を借りた方が良いと言える。

探偵に盗撮調査を依頼するとなると、当たり前だが費用がかかる。しかし、探偵にはこれまでの盗撮器発見のノウハウもある上に、専門性の高い発見機材を扱うこともできる。素人がいくら目で探しても見つけられなかったカメラを、いとも簡単に発見することができるかもしれない。そして、発見した盗撮器の撤去作業はもちろん、盗撮器を仕掛けた犯人の特定や、背後関係の調査を依頼することも可能だ。盗撮はストーカーやわいせつ目的、空き巣など、凶悪犯罪に繋がる事例も多い。そういった大きな事件に発展する前に、「探偵に依頼」といった選択肢は持っておいた方が良いだろう。

盗撮の被害拡大を防ぐためには、盗撮器を一刻も早く撤去することが一番だ。もし少しでも盗撮の危険を感じたら、まずは自分で盗撮調査をしてみて、それでも不安が払しょくされなければ、探偵に調査を依頼することを強くおすすめする。

見積もり・相談無料!おすすめ探偵事務所

無料でニーズに答えるぴったりの探偵事務所をご紹介するコンシェルジュサービス【街角相談所】

街角探偵相談所

1位:フルスピード

{$val[1]}
おすすめ度: 4.8
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:5,000円/1時間
支払方法:現金払い・分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら

2位:HAL(ハル)探偵社

{$val[1]}
おすすめ度: 4.4
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:6,000円/1時間
支払方法:分割払い・カード払いOK・成果報酬型・後払い可能

【無料】見積もり・相談はこちら

3位:総合探偵社 TS

{$val[1]}
おすすめ度: 4.2
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:16,200円/1時間辺り
支払方法:分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら