安心探偵調査リサーチ

全国1,000件以上の探偵事務所を比較

盗聴器調査で自身の身を守る方法

盗聴器調査で自身の身を守る方法

「自分の家の中での会話を聞かれているかもしれない…」こんな恐ろしいことが、現代は当たり前のようにある。少しでも心当たりがあったり、不安に思った場合は、盗聴器調査を依頼した方が良いかもしれない。

盗聴器とは

まず、盗聴器とは自分の存在を相手に意識させずに、音という情報を手に入れるために用いる機器のことである。電話線に接続して電話の内容を盗聴する、電話盗聴型。室内に設置して会話を盗聴する、室内盗聴型。直接マイクを壁にあてて隣室の音を拾う、直接盗聴。盗聴器には大きく分けてこれらの3種類のタイプがある。

盗聴器を仕掛けられる主な理由

盗聴器は意外にも恋人・夫婦・友人・敵対業者など、自分にとって身近な人に仕掛けられるケースが多い。仕掛けたのが恋人や夫婦の場合は、浮気調査・相手が自分をどう思っているか知りたい。友人や敵対業者の場合は、財産トラブル・新製品の情報を知るためなど。興味本位の軽い気持ちのものから、浮気調査・財産分与など、さまざまな理由で盗聴器が仕掛けられている。その他にもアパートやマンションなどに引っ越した際、前の住人に仕掛けられていた盗聴器で現在の住人が盗聴されていることもある。

専門業者の選び方

個人で盗聴器を発見し処理することは極めて難しい。もし発見したとしても、実は取り外すには国家資格が必要となり、勝手に外すことは電気通信事業法に違反することになるのだ。よって、盗聴器の調査・取り外しは個人で行うのではなく、探偵などの専門業者に依頼するのが得策だろう。ただ、盗聴器の撤去という極めてデリケートな問題なので、その専門業者が信頼できる所なのかチェックする必要がある。専門業者を選ぶ際、資格の保有・過去の実績・会社情報・調査料金などをチェックし、信頼できる所かどうか判断する。料金が相場と比較して異常に高額だったり、いつ連絡しても留守である場合は、信頼できる業者とは言い難い。HP等でも会社情報を確認することができるので、まずはその業者をしっかり調べ信頼できると確信をもってから調査依頼を行うべきである。

盗聴器調査について

信頼できる業者を見つけたならば、いよいよ調査依頼を行う。まず、調査の相談や依頼の際はメール・屋外からの携帯電話・公衆電話などを利用する。この際最も注意すべき点は、調査してほしい場所(例えば自宅)からは決して連絡しないことである。調査してほしい場所から連絡すると、そのことが盗聴器を仕掛けた本人に盗聴され、さらなる犯罪に巻き込まれてしまう可能性があるからだ。次に部屋の広さや間取りなどによって料金が決まるので、広さ・間取りなどを伝えて見積もりを行う。一般的には数万円ほどの費用が必要になってくる。

打ち合わせで決まった日時にいよいよ調査を実施する。調査開始から調査終了までの間は、盗聴されている可能性を考慮して、全て筆談でのやりとりとなる。まず、本物の盗聴器を依頼主に見せ、実際の盗聴電波がどのような反応なのかデモンストレーションを行う。デモンストレーション終了後、調査場所の電気製品の電源をONにした状態とOFFにした状態、それぞれの状態で捜索を行う。盗聴電波が無ければ報告書等を渡して調査終了となる。もしも盗聴電波が存在した場合、依頼主に盗聴電波を確認してもらい同意の上で盗聴器の発見・撤去を行う。盗聴器を仕掛けた人物については、業者では明言することはできない。ただ最近トラブルのあった人物・ストーカー被害など、依頼主に心当たりがある場合も多い。盗聴器を仕掛けた人物を特定したい場合は、警察に被害届を提出し捜索してもらうことになる。心当たりがあっても、個人的に調査することは危険が伴うこともあるため、避けた方が良いだろう。

防犯対策

盗聴器が発見された場合も発見されていない場合も、今後二度と盗聴器が仕掛けられないように防犯対策はすべきである。最も重要なのは、不用意に自分の部屋へ人を入れない・親しくない人からの贈り物に注意することだ。盗聴器はコンセント・電話・大型家具の死角など一般的によく知られている場所以外にも、置時計・ぬいぐるみ・ポスターの裏などに仕掛けられているケースも多い。たとえ知っている人であったとしても、それほど親しくないのに高価なものをもらった場合などは要注意である。次に郵便物の盗難・ゴミの処理・鍵の取り替えなど、不審者が自分の家に入り込まない・個人情報を漏洩しないための防犯対策として基本的なこともしっかり行っておくべきである。これらの対策は、盗聴器以外の犯罪への防犯にもなり一石二鳥である。また、自宅での注意だけではなく、外出先でも気を付ける必要がある。デパートのトイレやホテルなど、不特定多数の人が出入りするような場所にも盗聴器は仕掛けられている。不審物や不審者を見かけた際はスタッフに声をかけるなどの対応をすべきである。

少しでも心当たりがあるなら盗聴器調査の依頼を

最近では低価格で、誰でも簡単に盗聴器を手に入れることができる。「自分だけは大丈夫」と高を括らず、「もしかしたら」と思ったら信頼できる業者を探して依頼すべきだ。料金が決して安いとは言えないが、自分の身と命を守るための手段だと思えば決して高い値段ではない。自分のプライバシーが他人に漏れることのないように、細心の注意を払って対処していくべきである。

見積もり・相談無料!おすすめ探偵事務所

無料でニーズに答えるぴったりの探偵事務所をご紹介するコンシェルジュサービス【街角相談所】

街角探偵相談所

1位:フルスピード

{$val[1]}
おすすめ度: 4.8
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:5,000円/1時間
支払方法:現金払い・分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら

2位:HAL(ハル)探偵社

{$val[1]}
おすすめ度: 4.4
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:6,000円/1時間
支払方法:分割払い・カード払いOK・成果報酬型・後払い可能

【無料】見積もり・相談はこちら

3位:総合探偵社 TS

{$val[1]}
おすすめ度: 4.2
対応地域:全国
得意分野:浮気調査・素行調査
お見積り:無料
費用目安:16,200円/1時間辺り
支払方法:分割払い・カード払いOK

【無料】見積もり・相談はこちら